Case02:3章「AMPHITHEATER」

STORY


人形に命を―――



人の形に何を加えれば、命あるものと言えるのか。

感情か、約束か、あるいは主命か。

自らを定義する者のみ、その歩みは進むだろう。

感情の華が咲き乱れる、奇跡満ちる闘技場アンフィシアター へと。



この時代、この場所に立つべきものは並び揃った。

歯車はもう止まることなく物語を運ぶ。

望んだ終わりを告げるため、昔日の約束を果たすため、


首都、東京に『機械仕掛けの神』デウス・エクス・マキナ が舞い降りる。

閉じる